Taeko

子供の英語に『絵本』はとても効果があり!
我が家では、少しづつ買いためたり、図書館で借りたりして、英語の絵本を読み聞かせています。
絵本の英語は、子供向けの簡単な表現が多いですよ!
おすすめの英語の絵本をご紹介します♪

【作者別】おすすめの英語絵本

(1)Eric Carle(エリック・カール)は鉄板!

『はらぺこあおむし』でおなじみのエリック・カールは、日本でも有名ですよね。

エリック・カールの作品は、日本で翻訳されているものより、洋書の方が種類が豊富。

英語版を探していると「こんな作品もあるんだー」という発見があって面白い!

作品によって使われている英語のレベルに差があるので、英語が苦手な方は平易なものを選ぶと良いです。

色彩が豊なので、英語がどうこうというより、子供はまずイラストに夢中になって聞いてくれるはず!

①”Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?

created by Rinker
¥827 (2019/09/21 19:56:12時点 Amazon調べ-詳細)

(英語レベル★)

英語で色や動物を覚えるのにとてもおすすめ。

「brown bear」「red bird」など、読み聞かせをしているうちに「形容詞+名詞」の言い方を自然と覚えられます。

平易な英語なので、読みやすく、英語が苦手でも大丈夫♪

②”10 Little Rubber Ducks

created by Rinker
¥1,038 (2019/09/21 19:56:12時点 Amazon調べ-詳細)

(英語レベル★★)

数字の数え方や、序数(1st、2nd、3rdなど)を覚えるのにぴったり!

色々な珍しい動物も出てくるので、動物の言い方も覚えられます。

少し文章が長くなりますが、比較的簡単な英語で、何回も読めば読みなれるレベルかと思います。

最後にあるちょっとした仕掛けに子供は食いつくはず!

“The Grouchy Ladybug

created by Rinker
¥1,157 (2019/09/22 10:28:27時点 Amazon調べ-詳細)

(英語レベル★★★)

時計の読み方がたくさんでてきます!

こちらも、普通の絵本ではあまり見かけない珍しい動物がたくさんでてきますよ♪

文章が長くなり、お話の内容も少し難しくなるので、4才以上におすすめ。

(2)初心者におすすめ!Karen Katz(カレン・カッツ)

①”Excuse Me!

created by Rinker
¥591 (2019/09/21 19:56:13時点 Amazon調べ-詳細)

(英語レベル★)

こちらも定番の作品ですね。

こんなときなんて言う?という問いかけに考えながら進んでいく絵本。

“Excuse me.”“I’m sorry.”など、簡単なフレーズを、使う場面と一緒に理解できます。

短く非常に簡単な内容なので、0~2才くらいにおすすめ!

3才くらいになると、自分でセリフを覚えて言えるようになって面白いです♪

②”No Hitting!

(英語レベル★)

“Excuse Me”より少し文章が長くなりますが、こちらも簡単な英語です。

日本の英語教育ではなかなか出会わない、英語の擬音表現がたくさんでてきます。

例えば・・・

“Squish, Squish”“Bang Bang”、”Slurp Slurp”など。

英語ならではの言い方を子供も真似して言ってみて楽しめます。

(3)Leo Lionni(レオ・レオニ)は情緒も育める深いストーリー

①”A color of his own

created by Rinker
¥701 (2019/09/22 10:28:28時点 Amazon調べ-詳細)

(英語レベル★)

簡単な英語で読みやすい作品。

色の表現がたくさんでてくるので、英語が初めての子にもおすすめ。

美しい色づかいもしかり、深いストーリーも魅力的です。

“Swimmy”

(英語レベル★★★)

少し文章が長め、海の生き物の単語など聞きなれないものもありますが、何度も読めばスラスラ読めます。

日本語でも有名なお話ですが、ぜひ親も一緒に英語で楽しみたい作品。

英語の絵本はペーパーバックがお得?

英語の絵本は「高い!」というイメージがありますが、ペーパーバックだと比較的手頃にゲットできますよ♪

私はよくAmazonで購入しますが、ペーパーバックだと数百円~くらいで買えることも。

書店の店頭で売られているハードカバーのものは、ほとんど1500~2000円くらいしちゃいますよね(汗)

強度的には少し劣りますが、これまで不便さを感じたことはないので、個人的にペーパーバックはおすすめです!

英語絵本、読み聞かせの良いところ

・【楽しみながら、英語に出会える】
子供は英語が大好きですよね。

「さ、英語を勉強しましょ!」ではなく、カラフルな絵に夢中になりながら、楽しみの中で様々な単語やフレーズに出会い英語を習得することができます。

・【心も育つ】
元保育士の私の母はよく、「絵本は子供の心を育てる」と言っています。

絵本のお話は単純でありながら、何かな?なんでだろう?と、子供が考える要素が詰まっています。

色々なお話の色々な世界を旅することで、英語だけではなく心も育ちます。

・【親も一緒に楽しめる】

英語の絵本には、受験英語では聞きなれない、子供に向けて使われる表現がたくさんでてきます。

もちろんそれは、本当にリアルな英語なので「こうゆう風に言うんだ!」と、大人も勉強になりますよ!

英語絵本、読み聞かせのポイント

私は、子供の英語習得に、必ずしも親も英語が話せる必要はないと思います。

読み聞かせも同じ。「英語は苦手だから・・・」と遠慮は無用です!

子供と一緒に楽しもうという姿勢があれば大丈夫。

大切なのは、ママ・パパが一緒に楽しんでいると子供が感じられること。

親が楽しんでいることに、子供は自然と興味をもつもの。

また、ポジティブな感情は脳を活性化させるので、英語を吸収する能率もUP!

もし、どうしても発音に自信がない場合は、朗読CD付きの絵本もたくさん流通しているので活用してみては?