Taeko

英語の絵本の読み聞かせは、子供の英語習得にとても効果があります。でも「発音に自信がない」といった不安のあるパパママも多いはず。そこで、今回は英語が苦手な方でも簡単に読める初心者向けの英語絵本をご紹介します!

読み聞かせが簡単にできる!初心者向け英語の絵本4選

英語初心者のパパママでも簡単に読み聞かせができる英語絵本をご紹介します。

どれも簡単!だけど大事な英語表現が詰まっているので、子供の英語学習におすすめ!

英語の絵本を初めて買う!という方は、はじめの一歩として活用してみてはいかがでしょう?

(1)『Excuse Me』

created by Rinker
¥591 (2019/09/21 19:56:13時点 Amazon調べ-詳細)

はじめての英語絵本として有名な作品ですが、本当にシンプルな英語しか出てこないので、英語が苦手なパパママでも読み聞かせが簡単にできます。

‘Excuse me.’や’I’m sorry’、’Thank you’など、シンプルだけど大切なたくさん表現が出てきます。

一つ一つ意味を教えなくても、絵本の読み聞かせだけでこれらの表現を覚えられますよ。

フラップが付いているしかけ絵本なので、子供も一緒にめくって楽しめるのもgood!

0歳からと読み聞かせにも向いています。

大きくなっておしゃべりが増えてくると、覚えたフレーズを自分から話せるようになりますよ♪

(2)『Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?』

created by Rinker
¥827 (2019/09/21 19:56:12時点 Amazon調べ-詳細)

エリック・カールの定番の絵本の一つで、日本語訳バージョンも販売されていますが、ぜひ英語で読み聞かせしてもらいたい1冊!

こちらも、平易なレベルの英単語と同じ表現の繰り返しなので、初心者でも読み聞かせが簡単にできます!

この1冊をくり返し読めば、色に関する単語(red, blue, yellow等)を簡単に覚えられます♪

イラストが大きく、色も鮮やかなので赤ちゃんに読み聞かせてもOK!

発音に自信がない方は、朗読用のCD付きのものを活用してみると良いでしょう。

ちなみに、私がよく利用するYouTube動画もおすすめです!

歌に合わせて自然に英語を口ずさむことができます。

(3)『Where’s Spot?』

created by Rinker
¥1,099 (2019/09/22 10:27:26時点 Amazon調べ-詳細)

日本では、『コロちゃんはどこ?』でおなじみの1冊。

簡単な英語表現で構成されているので、初心者でも読み聞かせしやすい絵本。

単純だけど、1冊の中にたくさんの前置詞がでてくるので、それらの概念を理解するのにおすすめです。

大人になってから前置詞を文法的に習うのは、結構難しいですが、子供は絵本を通して感覚的に理解することができます。

また、この本には、子供が触りたくなる仕掛けが各ページにあるので、興味をもって食いついてくれるはず!

(4) CTP絵本のレベル1のシリーズ

CTPとはCreative Teaching Pressというアメリカの出版社のこと。

CTPの絵本は、アメリカの小学校で教材として使われていたり、日本の英語教室でも取り扱われていたりします。

中でもLearn to Readというシリーズは、お家でのバイリンガル育児に活用している人も多い人気のシリーズ。

英語のレベルごとに振り分け割れているのが特徴です。

特に、レベル1のシリーズは、とても単純な表現で構成されているので、英語が苦手な方でも読み聞かせが簡単です。

朗読用のCDも、歌が入っていたり楽しい効果音が入っていたりするのでおすすめ。

小学校の教材として使われているだけあって、簡単な英語の中にも重要な表現が詰まっています。

いきなりセットで購入するのは少し勇気がいる・・・という場合は、まずは数冊からは始めてみてはいかがでしょうか。

CTPを繰り返し読んで、子供が自分で暗記して読めるくらいなる頃には、かなりの数の単語と表現を身に付けられているはずです。

英語は苦手・・・初心者のパパママにできることは?

子供に英語を身に付けさせたい!でも親である自分は英語ができない・・・という不安を持った方は多いと思います。

率直に言うと、親が英語が全くできなくても問題はありません!

子供が英語を学ぶ上で、大切なことは親も一緒に学ぶ姿勢を見せることです。

パパママが興味をもって英語に取り組めば、子供も自然と興味を持つようになります。

発音に自信がなくても、一生懸命読んでくれた英語の絵本は子供にとってかけがえのない思い出にもなります。

こうしたパパママとの楽しい経験を通して、子供にはいつの間にか「英語」が当たり前になり、英語好きになってくれるはずです。

子供の英語習得に、親は教師役になる必要はありません。

ぜひ、子供と一緒に楽しみながら英語に取り組んでみてください。